新宿の風俗店で働いて同僚との関係性を良好に保つためには

風俗の求人で働く風俗嬢は、出勤していてもお客さんがついていないと待機部屋のようなところでお客さんが来るのを待つことになるところが多いですね。

その時、同じ店で働く風俗嬢と一緒になることもありますが、そこも一つの職場関係なので、人によってはそこでいざこざが起きてしまう場合があります。

そうならないためのやり方と、なってしまった時の対策を紹介しましょう。

自分の下着に親指を掛ける女性

円滑な風俗嬢同士の人間関係を築く為のコツを求人サイトで確認

一番は、とにかく話しかけることですね。待機部屋に入ってきたら挨拶を返す、笑顔で接する、敬語を使って話す、という最低限の礼儀を守っていればとりあえずいざこざが起きてしまう事はないでしょう。

無理に雑談をする必要はなく、ちょっとした気分展開程度におしゃべりをする、くらいの軽い気持ちでも十にニコミュにケーションを取る事は出来るでしょう。

問題を起こさないためには

まず、一番はとにかく誰にでも愛想よく振る舞うことですね。誰かの悪口を言ったり、お店での愚痴を言ってしまうと自分に不利にしかなりませんからね。

八方美人というと言い方が悪いですが要は人に適度に嫌われないように合わせて会話をしていくということが大事なんですね。

ほかにも、あとは踏み込み過ぎたりしてプライベートでの関係を築かないようにすることも大事です。

まとめ

風俗のお仕事は、基本的には接客業ですし同業者にヘルプを入れてもらうことなんてほとんどありません。なので、他の職場よりは人間関係に気を使うことはないのですがそれでも一緒にいる時間はありますので、そういう時は無難にするということを覚えておきましょう。

表面的な人間関係を円滑に行うだけでもかなり印象は良くなるし、面倒なことになるということもないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする